YSPは新たにスタートします。
ヤマハを愛するすべてのお客さまに「最高のブランド体験」を約束します。
生まれ変わった新しいYSPサイトはコチラ

取扱モデル
Product Lineup

TMAX560

贅を知る、大人に。
“Sophisticated MAX”
パワフルかつ上質なゆとりを求めた走りと、より精悍さを増した新たなスタイルが、本物の贅を知る大人の心を刺激して止まない。
さあ、新しいTMAXがもたらす贅沢な日々を、いまあなたにも。

特徴・各部詳細説明


走りはよりパワフルに、さらに上質に。
Performance & Handling

よりパワフルに。水冷・DOHC・4バルブ・561cm3・直列2気筒エンジン

スポーティで軽快な動力性能のさらなる向上を図り、軽量感を維持しながら排気量を最大化。561cm3へと拡大した新エンジンにより、パワフルかつ低振動で質感の高い動力性能を実現した。扱いやすさをそのままに、中高速での加速性、ライダーの意図通りに操れる駆動力特性(スロットルと駆動力のリニアリティ)を改善。排気量の最大化を図りながら、吸排気系および動弁系などの見直しにより低速から高速に渡る全域で駆動力を向上した。また、路面状況や好みに応じてON/OFF選択が可能で、滑らかな発進性・走行性をサポートするトラクション・コントロール・システム(TCS)を装備。さらに、走行環境や好みにより「Tモード(市街地での扱い易さを重視)」「Sモード(パワー感・スポーティな走行フィーリングを重視)」を選択できる、D-MODE(走行モード切替システム)も搭載。加えてO2フィードバック制御と新たにツインタイプの触媒装着などにより浄化性能をさらに向上、新たな環境規制にも適合している。

最適な剛性バランスと軽量設計。アルミ製ダイキャストフレーム

軽量アルミ製ダイキャストフレームと、アルミ製のリアアームを装備。軽量感を維持しながら排気量を拡大した新エンジンは、ダイヤモンドフレームにリジッド懸架し高い車体剛性を維持している。加えてサスペンション系を最適化、さまざまな走行環境に対応する良好なハンドリングに寄与し、スポーツ性とユーティリティ性を高次元で調和させている。

軽量かつ高強度。25mm幅2次駆動ベルト

2次駆動ベルトは、軽量で強度に優れたカーボン系繊維・25mm幅ベルトを装備。スロットル操作に対しリニアに駆動力を引き出すことができ、マン・マシン一体感のある走行フィーリングに貢献している。また新エンジンに合わせ変速特性をハイギヤード側へ再設定し、定常走行時のエンジン回転数を抑制。上質感があり、ビジー感のない走行フィーリングを実現した。

25mm幅2次駆動ベルト

スポーティかつ確かなハンドリング特性に貢献。フロント&リアサスペンション

フロントは、41mm径インナーチューブの倒立式サスペンションを装備。新たに減衰力特性などを最適化し、良好な乗り心地、路面追従性、素直なハンドリング特性などに貢献している。リアには、セッティングを最適化したリンク式モノクロスサスペンションを装備。ショックユニットとリアアーム間に設けたリンクの働きで、ショックユニットの伸縮にあわせ低荷重時はソフトに、高荷重時にはハードに減衰力を得られるようレバー比を設定。さらにロングタイプのリアアームはリアサスペンションの動きや駆動感が、心地よくライダーに伝わる設計とした。なお、ショックユニットはモノチューブ式(ガス型)で、TECH MAXではスプリングプリロードと伸側減衰力の調整機能を装備している。

高いコントロール性。ラジアルマウント式キャリパー・フロント267mm径ダブルディスク、リア282mm大径シングルディスクブレーキ

フロントブレーキは、高い制動力と良好な操作フィーリングの対向ピストン4ポットのラジアルマウント式。なお、一時停車などで便利な別系統の機械式リアブレーキロックも装備。また、全モデルにABS※を装備している。

フロントダブルディスクブレーキ

※ 車輪に付けられたセンサーがスリップを検知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

より高い走行性能を。軽量タイヤ&リアホイール

内部構造を専用チューニングした、軽量タイヤを装着。転がり抵抗が少なく、良好なウェット性とドライグリップ性、乗り心地、耐摩耗性に貢献している。また、軽量5本スポーク・幅4.50インチのリアホイールは、高い操縦安定性に貢献。良好な走破性、優れた乗り心地など、高い走りのパフォーマンスに寄与している。


洗練を極め、新たなMAXスタイルへ。
Design & Comfort

スポーティ&上質をさらに磨き上げて。スタイリング&インテリア

TMAXならではのダブルウエッジのラインが路面に鋭く向かうプロポーションはそのままに、MAXスタイルをより洗練させた。新デザインのサイドカバー(ブーメラン)は、エルゴノミクスに基づく設計により乗車時の快適性向上に貢献。フロントビューはLED4灯ヘッドランプと、新たにコンパクトなLED3灯式フロントフラッシャーを採用。さらにリアビューを一新。“T”をモチーフとした、新テール&ストップランプ(LED導光体)採用により、精悍かつシャープな印象をアピールしている。また、インテリアには表面装飾を加えるとともに、トンネル部の左右カバー、レッグシールド左右のリッドに職人手作りの成形型によるラインをあしらい、高い質感を表現している。
ボディカラーは3タイプ。TECH MAXでは、プレミアムスポーツ&ラグジュアリーを強調したマットダークグレーメタリック8を設定。エレガントさに質感の高さをアピールするマットダークグレーメタリックAは、ゴールドホイールとグリーニッシュなマットダークグレーの組合せにより、上質なイメージを演出している。また、TMAX560のマットブルーイッシュグレーメタリック3は、フロントフェンダーやグラブバー、サイドカバーをマットブラックとし、ホイールやグラフィックにブルーをあしらうことでスポーツモデルとリレーションを図ったカラーリングとしている。

※ テールランプは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

優れた快適性。電動調整式ウインドスクリーン[TMAX560 TECH MAX ABS]

TECH MAXには電動調整式スクリーンを装備。左ハンドルスイッチの操作により、135mm幅の間で任意の高さにスライド可能。(TMAX560は取付けボルトの差替えによる2段階調整式で、取付け位置はHi/Low[高さ55mm差]の選択が可能。)ミニマムな形状ながら風の巻き込みの少ない、優れたエアロダイナミクス効果を発揮。走行中の風切り音が少ない、快適な空間を作り出している。

スポーティかつ高級感を演出。TFTマルチファンクションメーター

マルチファンクションのメーターパネルを装備。左右にアナログ表示のスピードメーターとタコメーターを配し、中央には3.5インチのモノクロームTFT表示モニターを設置。奥行感と高級感を表現している。オド、トリップ1/2、燃料消費、外気温表示に加え、TCSなど各装備のオン・オフモード表示が可能となっている。

※ メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

ロングツーリングをより快適に。クルーズコントロールシステム[TMAX560 TECH MAX ABS]

長距離走行時、ライダーに大きな快適性をもたらすクルーズコントロールシステムをTECH MAXに装備。走行時にセット可能で、設定後の速度の昇降はスイッチのワンプッシュ操作で2km/h毎、押し続けることで連続昇降させることができる。またキャンセルは、ブレーキ操作・スロットルグリップ操作で可能。さらにキャンセル後でも、再び直前の設定速度に戻して定速走行できるレジューム機能(スイッチ操作)も備えている。

クルーズコントロールシステム

心地よく、もっと便利に。ユーティリティ

スペース効率に優れた大容量・リアヒンジ式の使いやすいシート下トランク※1を設置。ハンドル下・右側には小物類の収納に最適なフロントトランクを配置し、12VのDCジャック※2も装備。加えてロック機構を備えたメインスタンド、始動を困難にして盗難を抑止するイモビライザー※3も装備している。

クルーズコントロールシステム

※1 シート下トランクには熱の影響を受けやすいもの、こわれやすいもの、貴重品は入れないでください。また、ヘルメット等収納物の形状・大きさにより収納できない場合があります。ご購入の際、ご確認ください。内容品は付属されておりません。掲載のヘルメットはYF-9 ZENITH(フルフェイスタイプ)です。

※2 DCジャックはエンジンがかかっている状態でお使いください。また、接続する機器や充電用アダプターの仕様等によっては、充電・使用できない場合があります。運転中のスマートフォン・携帯電話等の操作・通話はおやめください。

※3 イモビライザーはあくまでも盗難抑止を目的とした装備であり、盗難を完全に防止するものではありません。

寒い日でも快適に。グリップウォーマー&メインシートヒーター[TMAX560 TECH MAX ABS]

秋冬期のロングツーリングなどで威力を発揮する、グリップウォーマー&メインシートヒーターをTECH MAXに装備。寒い日も快適なライディングを楽しめる。

グリップ&メインシートヒーター

※ 写真はTMAX560 TECH MAX ABSマットダークグレーメタリックA

簡単、便利で使いやすい。スマートキーシステム

メインスタンドのロック/解除など、充実した機能のイモビライザー付きスマートキーシステムを装備。スマートキーを身につけて近づくと、自動的にIDを認証してオーナーを識別する。キーをライダーが持っていれば、メカニカルキーを取り出すことなく次の操作が可能。
①電源のオン/オフ ②エンジンの始動と停止 ③ハンドルのロック/解除 ④シート・フューエルタンクキャップリッドのロック/解除 ⑤メインスタンドのロック/解除 ⑥フロントトランクのロック/解除

【注意】植込み型心臓ペースメーカー等の医療用電気機器をご使用の方へ。本システムの電波により医療用電気機器に影響を及ぼす可能性があります。車載アンテナ約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーが近づかないようにしてください。詳しくは販売店にお問い合わせください。スマートキー照合の作動範囲はハンドルの中心より半径約80cmです。盗難抑止のために作動範囲にあるときは、車両の管理にご注意ください。状況により作動範囲は変化します。

※ TMAX560 TECH MAX ABSのみ。



TMAX560/TMAX560 TECH MAX 装備一覧

主な装備品一覧 TMAX560 TECH MAX ABS TMAX560 ABS
フロントスクリーン 無段階電動調整式
(高さ135mm幅)
2段階調整式
(高さ55mm差)
グリップウォーマー 別売
シートヒーター 別売
スマートキー
DCジャック
クルーズコントロールシステム
D-MODE(走行モード切替システム)
TCS(トラクション・コントロール・システム)
リアサスペンション ・スプリングプリロードアジャスター
・伸側減衰力アジャスター

価格・仕様諸元

参考価格

TMAX560 TECH MAX ABS

¥1,419,000

(本体価格¥1,290,000)

参考価格

TMAX560 ABS

¥1,276,000

(本体価格¥1,160,000)

  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
  • 詳しくは販売店にお問い合わせください。

〈 〉内はTMAX560 TECH MAX

認定型式/原動機打刻型式
8BL-SJ19J/J420E
全長/全幅/全高
2,200mm/765mm/1,420mm
シート高
800mm
軸間距離
1,575mm
最低地上高
125mm
車両重量
218kg 〈220kg〉
燃料消費率 *1 国土交通省届出値定地燃費値 *2
31.7km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 *1 WMTCモード値 *3
22.1km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列
直列, 2気筒
総排気量
561 cm3
内径×行程
70.0mm×73.0mm
圧縮比
10.9:1
最高出力
35kW(48PS)/7,500r/min
最大トルク
56N・m(5.7kgf・m)/5,250r/min
始動方式
セルフ式
潤滑方式
ドライサンプ
エンジンオイル容量
3.50L
燃料タンク容量
15L(無鉛プレミアムガソリン指定)
燃料供給方式
フューエルインジェクション
点火方式
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式
12V, 11.0Ah(10HR)/YTZ12S
一次減速比
1.000
二次減速比
5.771 (52/32 × 36/23 × 59/26)
クラッチ形式
湿式, 遠心, 多板
変速装置
Vベルト式無段変速
変速方式
オートマチック
変速比
2.041〜0.758:無段変速
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
26°00′/98mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70R15M/C 56H(チューブレス)/ 160/60R15M/C 67H(チューブレス)
制動装置形式(前/後)
油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後)
テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ
LED/LED
乗車定員
2名

※1 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
WMTCモード値については、日本自動車工業会ホームページ(http://www.jama.or.jp/motorcycle/)もご参照ください。

・本仕様は予告なく変更することがあります。
・仕様変更などにより、写真や内容が一部実車と異なる場合があります。
・車体色は撮影条件、モニターなどにより実際の色と異なる場合があります。
・写真は撮影用のイメージです。仕様が実際のものとは異なる場合があります。

ユーザーレビュー

TMAX560
TMAX560

ユーザーレビューを投稿する

レビュー数:0

  • レビューは登録されていません

PAGETOP